矯正治療

見た目だけでなく全身の健康のためにも ~矯正治療~

見た目だけでなく全身の健康のためにも ~矯正治療~

矯正治療とは、歯並びや咬み合わせを整える歯科治療の一種です。実際に装置を装着した人を、見たことのある方も多いのではないでしょうか。

矯正治療は「見た目をよくするためのもの」と思っている方も多いですが、実は見た目以上に咬み合わせを改善し、全身の健康状態をよくすることが大きな目的です。鎌倉市大船駅近くの歯医者「おさらぎ歯科」では、正しい歯並びと咬み合わせを実現することで、患者さんが健やかな毎日を過ごすお手伝いをいたします。

乱れた咬み合わせが全身におよぼす悪影響

消化器官への負担

消化器官への負担

咬み合わせが悪いと食べ物を十分に咀嚼(そしゃく)できず、胃腸などの消化器官に余分な負担がかかります。

輪郭の変形

輪郭の変形

口もとの筋肉のバランスが崩れるため、顔貌が不自然に発達することがあります。骨格の歪みによる頭痛や耳鳴り、肩こりなどの諸症状が現れるケースも少なくありません。

歯並びチェック あなたはどれにあてはまる?

乱れた歯並びや咬み合わせのことを「不正咬合(ふせいこうごう)」と呼びます。不正咬合にはさまざまなパターンがあり、これらが複合して起こっているケースもあります。次にご紹介するものに「あてはまる」と感じた方は、お早めにご相談ください。

受け口 すきっ歯 八重歯
受け口 すきっ歯 八重歯
下の歯が上の歯より前に出た状態です。発音が難しくなったり、顎関節症の原因となったりすることがあります。 歯と歯の間にすき間がある状態です。食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因となることもあります。 犬歯が飛び出た状態で、歯がデコボコに生える叢生(そうせい)の一種。ブラッシングが難しく、虫歯や歯周病の原因となることがあります。
開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう) 出っ歯
開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう) 出っ歯
奥歯を咬み合わせても前歯が開く状態です。発音が難しくなったり、咀嚼機能障害の原因となったりします。 上の前歯が深くかぶさりすぎた状態です。歯ぐきを傷つけて歯肉炎になりやすく、顎関節症の原因となることもあります。 上の前歯が前に飛び出している状態です。唇が閉じにくく、発音が難しくなったり、顎関節症の原因となったりすることがあります。

「おさらぎ歯科」の矯正治療

「おさらぎ歯科」の矯正治療

当院では矯正歯科専門医が矯正治療にあたっており、毎月第1、第2木曜日の午後2時半から診療を行っています。矯正相談は無料なので、お気軽にご相談ください。次のような装置を用いて、治療を進めていきます。

矯正治療に用いる装置
メタルブラケット ブラケットと呼ばれる小さな装置を歯の表面に装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かす装置です。金属製なので目立ちますが費用は比較的安価です。近年では接着剤の改良でブラケットが小型化し、昔に比べ目立たなくなりました。
メタルブラケット
セラミックブラケット ブラケットが歯と同じ白色のセラミックでできた装置です。銀色のメタルブラケットに比べると目立ちにくく、矯正期間もほとんどかわりません。費用は若干割高になりますが、矯正中の見た目を気にされる方にはこちらがおすすめです。
セラミックブラケット
リンガルアーチ 歯の裏側に装着する矯正装置です。治療中であることが見た目にわかりません。治療費は割高ですが、周囲に矯正していると気づかれたくない方から人気です。
リンガルアーチ
部分矯正(MTM) 一部分の歯だけを動かす治療法です。歯列全体を動かす通常の矯正に比べ、半年程度と短期間で治療が完了できます。
部分矯正(MTM)

症例紹介

当院で治療した患者さんの症例をご紹介します。

  • Before
    Before
  • After
    After

お口だけでなく全身の健康のためにも診療予約はこちら

  • 鎌倉ペリオインプラントセンター
  • 生活の質をワンランクアップさせる 矯正治療・審美歯科治療 神奈川・鎌倉のおさらぎ歯科
  • 歯周病の治療ならおさらぎ歯科
  • 歯科タウン
  • tel:0120-03-7136
  • WEB診療予約